ucchi.PSYDOLL's personal Blog
PSYDOLLおよびそのメンバーucchiに関する様々なこと

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謹賀新年と旧年末のライブ
何だかんだでもう2007年になってしまったのである。
これを読んでいる人が何人いるかは知らないが、謹賀新年ということで。

PSYDOLLも、もう10年目である。よく続いたなぁ。
今年は、春までにPSYDOLLの新作CDを制作するのが第1目標。そしてまた秋くらいに、新作CDひっさげてツアーが出来たらいいな、というかツアーする、って感じで。
周囲の人たちも、いろいろ面白いことを考えているみたいで、そういう面白いことにどんどん関わっていきたいかなと。

旧年末は、いろいろライブイベントの誘いもあったのだけれど、諸般の都合により、12/26に新宿URGA(http://www.urga.net/)でのライブのみとなった。

この日は、あいにくの大雨というかほとんど嵐で、客足が心配だったが、悪天候の割には人がいたという感じ。

新宿URGAは、もう何回も演奏していて馴染みの店というところ。
PAエンジニアは、ベテラン級の人が一人、それともう一人いて(少なくとも自分は彼らしか知らない)、この日はベテラン級の人ではない方のエンジニアである。
彼は、以前担当してくれたときは、まだ慣れてないなという感じで、出音がダンゴ状態になっていたりとか、モニターがイマイチ聴き取りにくかったりとかがあり、この日もちょっと警戒していた。

この日は、知り合いにリハに来てもらい、出音のチェックをお願いした。雨の中、ご苦労様でした。
とりあえず、ギターの音が前に出るように、また、ボーカルの通りが良くなるようにアドバイスをして欲しいと頼み、リハ開始。
いざリハーサルを開始してみると、PAエンジニアに対する上記の懸念は一気に払拭された。少なくともモニターはかなりいい感じだ。自分のギターの音も良くきこえる。
腕を上げたな。

ギターの低音が打ち込みの低音と被っているというので、ギターの低音をPA卓でカットしてもらい、ボーカルに関しても、通るように低音をカットしてもらう。モニターに関しては全く心配がないので、これでリハ終了。

何だかんだでPSYDOLLの出番となり、ステージへ。
で、演奏開始。
「!」
いいねぇ。モニターがはっきり聞こえて、なおかつ、自分のギターの音がちゃんと聞こえる。いや本当は、これが当たり前の状態なのだが、最近こういう状態でライブをしたことが久しく無かったこともあり、とても感激する。何なんだ。
自分の音がちゃんと聞こえると、演奏にも気合いが入る。テンションの高い、いい演奏が出来たと思う。
やっぱりこうでなくちゃだね。
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。