ucchi.PSYDOLL's personal Blog
PSYDOLLおよびそのメンバーucchiに関する様々なこと

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Crunch Box
そろそろ新しい歪系エフェクタが欲しくなってきた。
PSYDOLLでは、BOSSのMD-2で通してきた。MD-2は、よく歪むしピッキングのニュアンスも失われないので重宝してたのだが、「作った感」になるのは否めない。PSYDOLLではこれがフィットしていたが、生楽器中心のADAM-SITESでは、少々、鼻につく。
で、別の歪系を模索して見つけたのが、MI AUDIOCrunch Box
CrunchBox.jpg

選択の基準は、「ピッキングのニュアンスが失われない」ことと、「十分な歪が得られる」こと。キツイ歪が得られるエフェクタは、ピッキングのニュアンスが無くなってしまうことも多いわけで。
このCrunch Boxは、写真で分かるように、表だったコントローラは、Vol、Tone、Gainの3つのみ。裏蓋を開けると、プレゼンス調整用のトリマがある。
Volは文字通り音量、Toneは音質。思い切り高域をカットした音から、高域全開の音まで、幅広く作れる。高域全開は、原音の高域をそのまま出していると思う。あれ?でもこの回路図のToneの部分、ちょっと違うんじゃね???
ポイントはGain。
Gain=0では、全く歪まず、そのままブースターとして使用できると思われる。
次に、GainをMaxにしてみる。これがまた格別によく歪む。しかも、元のニュアンスがほとんど崩れない。オーバードライブよりは粗いが、典型的なディストーションに比べて「わざとらしさ」が無い。ギターのVolコントロールに素直に反応する。
…というわけで、買った甲斐があった。ADAM-SITESのメインの歪としては、これを使っていこうと思う。
俺がVo+Gを務めるADAM-SITESの、15年ぶりの復活ライブは「3/20(土)、池袋Live In ROSA」にて!
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。