ucchi.PSYDOLL's personal Blog
PSYDOLLおよびそのメンバーucchiに関する様々なこと

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音いじりその2
前回のライブ(9/22、URGA)での、音をいじった結果。やはりモニタは相当聴きやすくなっていた。効果あり。たぶん出音も違っていることであろう。よって、ライブに使う他の曲も音いじりすることに決定。

本当は、自分のライブの音を自分で聴いて判断したいが、それは無理だ。でも、バンドやってる人なら、自分のバンド演奏の音を自分で聴いてみたいはず。すごいお金かけてステージの録画、録音を完璧に行えば可能だろうと思うが、特にライブハウスなどではそれはしないだろう。

ところで、PSYDOLLのライブでのサウンドは、オケのビート以外の音(和音)が少々大きく、ギターの音が埋まってしまっているという批判をちょくちょく頂く。和音系の音量は結構下げているつもりなのだが、まだ足りないということか。
そうだな、CDなどで繰り返し聴ける環境と違って、ライブは一発だし、さらに視覚情報がものをいう。だとすれば、特にPSYDOLLのようにギターやパーカッションなどの生または半生の楽器が重要な役割を担っているバンドでは、ビートセクションを強調し、よりタイトな方向に持っていくのが正解であろう。

そんなこんなで、ライブ音源を全般的に作り直そうという訳なんだが、何ていうかな、ものすごく昔に作った音源をいまだに使っていたりするので(怠慢、ともいう(^^ゞ)、改めて音をいじろうとすると、あれもこれもやり直したくなり、あまつさえ、既にCDにした音源(Vo、Gなど生演奏が入っている)までいじりたくなってくる。「ここは今だったらこうやるのに」など、実にもどかしい。まぁもう売ってしまった音源に対して音をいじっても仕方ないので、それはしないが。やっても個人の趣味の範囲で。そんな時間もないけどね。


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へにほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。