ucchi.PSYDOLL's personal Blog
PSYDOLLおよびそのメンバーucchiに関する様々なこと

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UKツアーレポート(5) : Carlisle
10/18(水):Carlisle

Newcastleのライブから2日明けて今日は、スコットランドの入り口、Carlisleカーライル)でのライブである。午前中にLeedsを発ち、Carlisleに向かう。途中、映画「ハリーポッター」のロケ地となったアニーク城で観光する。ここは城もすごいが、ポイズンガーデンというのがあって、毒草や毒虫の研究をしていたということ。土産物店は、土産物ならぬ「いやげ物」が満載である。毒草に関する実用的な本を買う。
_Car001.jpg


ここは3度目で、去年は米国のバンドAMENのサポートをここでやった。英国で、米国のバンドのサポートを日本のバンドがやっている…ってなんなんだ。そのときのレポート

今年はそんなラッキーはないので、まぁ普通のブッキングである。対バンは、Adfinem,the authorityの2バンド。
CarlisleのVenueは、大きな倉庫を改造したような感じの、けっこう大きなハコである。前に来たときにはピンボールなどのゲーム機なんかがたくさん置いてあって、この辺の若者が適当に集まってライブもやっているという感じだったが、今回来てみると、ゲーム機などが大半片付けられていて、いかにもライブハウス然となっているのであった。

ここは、今回のツアー中唯一、きちんとしたPAシステムが設置されているところ。高いステージとでかいPAスピーカが頼もしい。ただ、エンジニアが去年までとは違う人になっている。

ここで全然ライブとは関係ない話。
UKで日本と違うなと思ったところはもちろんたくさんあるが、男子トイレもその一つ。ちょっと汚い話だが、こんなトイレというよりは流し台といった方がぴったりするトイレが多い。女子トイレは…入っていないから分からない。
_Car002.jpg


話を戻して。
サウンドチェックである。ステージにPEAVEYのアンプが置いてあるから、これを使うのかと思っていじっていると、「それはベースアンプだ、ギターはこれを使え」と、見慣れないメーカーのアンプを持ってくる。30cmスピーカ×2、ビルトインの、見た目にはしっかりしたアンプ。ロゴは「NuTone」。始めてみるタイプのアンプだ。そのNuToneの「212」というモデルである(リンクページ下写真)。

音を出してみる。
「?」
高音が出ない。ソフトでマイルド、これはこれでいい音なんだけど、ディストーションサウンドに向いている音ではない感じ。エフェクタでディストーションをONにしてみても同じ。低域で歪んでおり音圧的には出ているものの、高域のギラギラさが全くない。セッティングが悪いのかな。いろいろ試したが、ダメ。まだまだ修行が足りないかな(?今こうしてWebで見ると、ちゃんとしてそうなアンプなのだが)。オケを鳴らすと案の定ギターが全く聞こえないので、モニタにかなりギターを返してもらって、かろうじて聞こえるようになる。
サウンドチェック自体は、これ以外は問題なく終了。

食事はコンビニみたいところでサンドイッチを買って簡単に済ませ、本番。
最初バンド「The Authority」は、2人組、テクノっぽいボーカルの打ち込み系。音はいいのだが、不思議にも限りなく盛り下がる。彼らには悪いが。
2番目の「Adfinem」は、曲はニューロマだがボーカルの声が素晴らしい(写真・ボーカルは左端)。John Foxxの再来、という感じの、ちょっとクセがあってよく伸びて通る声。
_Car003.jpg


いよいよPSYDOLLの番。客は40~50人くらい?ハコが広いので少なく見える。
モニタの音がなんだか小さい。演奏できないレベルではないが、何となくやりにくい。全曲演奏し終わり、客の反応は上々、出音には問題なかったようだ。
しかしnekoiの判断でアンコールはやらずに終了。やっぱりモニタが聞こえてなかったようだ。ボーカルのモニタはもっと深刻だったようである。

終了後は、このVenueのオーナー氏が柔術を習っているということで、nekoiの伯父(故人、その世界では有名な人らしい)の話などで盛り上がる。
今晩宿泊する予定のところが都合でダメになったので、急遽宿を探し、結局、翌日ライブがあるGlasgow近くのTravel Logdeに泊まることに。

ライブ後、いろいろ検討した結果、モニタの音がオケのLRのうち片方しか出ていないことが判明する。そうやって言われてみれば、そういうことは過去にもあったかも(日本のライブ含む)。LRのうち片方出ていない、なんていうのは、特定の曲(左右交互に音を飛ばしているとか)でしか分からないので、サウンドチェックではなかなか分からない。
今後こういうことがあっては困るので、サウンドチェックのやり方と、本番での対処(合図とか)を考える。

さて明日は、スコットランド随一の大都会、Glasgowでライブある。明日のために今日も眠るのである。
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。