ucchi.PSYDOLL's personal Blog
PSYDOLLおよびそのメンバーucchiに関する様々なこと

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Voodu Valveを引っ張り出してみる
Hush IIBXを使ってみて、ふと思いついたのが、ROCKTRON VooDu Valveを使ってみるということだ。
このモデルはOn Lineと銘打たられていて、ネットでプリセットが配布される、というのが当時の売りだった気が。
Voodu.jpg

VooDu Valveは、今は自宅のレコーディング用のラックに収まってギターの仮録り用に使っているが、確かADAM-SITESのときに購入し、PSYDOLLの初期にも使っていた記憶がある。なぜ今ライブで使っていない理由は、よく思い出せない。おそらく、空間系のエフェクトが貧弱すぎるのと、この手のマルチエフェクタに共通だとは思うが、プリセット毎のパラメータの調整が面倒、ということだと思った。
で、とりあえず、予め基本のプリセットを幾つか作ってセットアップし、近場のスタジオで試し弾き。アンプはMarshall JCM900。
このVooDu Valve自体、プリアンプなので、普通にInputに接続したのでは、少々音が暴れすぎる。ので、アンプヘッドのエフェクトSend ReturnのReturn側に接続する。
うむ、真空管のゲインを利用した歪は、ディストーションとは一味違った、ワイルドなものである。この荒っぽさは、好みだな。音も太い気がする。ただ、クリーン系の音作りは、困難を極める。どうにかならんのか。
EQも2段階の調整が可能となっており、細かい調整が可能である。詳細な調整が可能な環境であれば十分有効であるが、実際のライブハウスなどで任意にアンプを与えられた場合に、短いリハ時間内に調整しきれるかどうかが不安材料であったりする。それと、やはり空間系の弱さは気になる。なんていうかな、分離が悪いというか、どうもすっきりとしない。リバーブの性能が悪いのか、でもそれだけともいい難い感じがする。
ま、とりあえず次のPSYDOLLのライブで使ってみてどうかだな。その前にADAM-SITESのレコーディングがあるか。レコーディングに使うかどうかは、一考の余地があるかも。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2014/04/03(木) 23:59:25) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。