ucchi.PSYDOLL's personal Blog
PSYDOLLおよびそのメンバーucchiに関する様々なこと

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新機材と、2011/11/22 @新宿URGAでのPSYDOLLライブ
11/22に新宿URGAでのPSYDOLLライブについて、だいぶん日が経ってしまったが、ちょっと書こうと思う。

この日は、ロシアからの刺客Stillborn Dizを迎え、対する日本勢は、MusuBore、刃喰い、ペルシャムキック、PSYDOLLというメンツである。どのバンド(ユニット)も個性豊かで、とてもよい企画だったのではないかと思う。

psy01.jpg

今回のPSYDOLLは、デジタルパーカッションおよびテルミンのLovelessが都合で欠席、Nekoiとucchiの2人によるPSYDOLLである。加えて今回は、ボーカルにはボーカル用エフェクタ使用、ギターには、今までの重たいセットに変えてコンパクトなマルチエフェクタ、という、ある意味新しい試みが加えられている。

で、ギターのエフェクタなのだが、今までは、単体コンパクトエフェクタ6個を、スイッチングユニットであるProvidence PEC-1で切り替えて使っていた。このセットは、音質的には充実感があり、操作性も割と良好なのであるが、いかんせん重いのと、最近、妙にトラブルが多い(突然音が出なくなる、ノイズまみれになる、などが頻繁に起きた)ので、どうしようかなと思っていたわけなのである。

最初、手持ちのフロアタイプのマルチ、Digitech GNX2を試していたのだ。多彩なアンプシミュレータとキャビネットがウリの一つで、パッチそれぞれの音は結構いい。だが、パッチ切り替え時に音切れ上等な仕様はどんなものか。コンパクトをスイッチングユニットで切り替える方法だと、基本的にパッチ切り替えの際の音切れは発生しないので、ライブでGNX2を使いこなすのは、ちょっと、いや相当苦労が多そうだったので、パス。

音切れが短いマルチといえば、Zoomの製品が最右翼。各種試奏してみても、パッチ切り替えにストレスが全くない。やはりこの、パッチ切り替えがスムースに行えるというのは、ライブでは重要なのである。

で、早々に購入したのが、Zoom G2Nuというコンパクトマルチ。
G2NU
見ての通り、コントロールは、2つのフットスイッチと4つのツマミのみであり、表示は、真ん中の液晶パネルと、7個のLED。購入価格は13,000円ほど。単体のコンパクトエフェクタと変わらない。
上部の4つのツマミは、左から編集エフェクタの切り替え、パタメータ設定×3である。パラメータ設定ツマミは、演奏時には別の機能となる。7個のLEDは、真ん中が緑、両側3個ずつが赤となっており、フットスイッチ2つ同時押しでチューナ表示となる。このチューナ、とても見易く、ステージにて重宝するのである。

内蔵エフェクトの種類などはメーカーサイトを参照してもらうとして、そのサウンドは、とても素晴らしい。13,000円程度という価格を考えると、コストパフォーマンスはとても高いと思う。

各エフェクタの配列は、コンプ、EFX、ノイズリダクション、ドライブ、EQ Low、EQ High、モジュレーション、ディレイ、リバーブとなっていて、この順序は変更できない。
ライブにはアンプシュミレータも含まれるが、これはオーバードライブやディストーションと同列の扱いとなっている。これでもかというくらい種類があるので、たいていのジャンルに対応できると思われる。
EQは、LowとHighのみで、それぞれ3バンドをグライコ風に調整できる。これでも足りるといえば足りるが、やはりMiddleがあって欲しかった。
モジュレーションは1種類のみ、選択できる。価格帯からいってこれは仕方が無いところ。
あと、アンプシミュレータとは別に、キャビネットシミュレータが使える。部屋での音作りとか、特にライブでラインに直結した場合に、絶大な効果を発揮する。

実際のライブでの使用感であるが、なかなか良い。とりあえずパッチ切り替えで音が途切れないのがいい。
操作性に関しては、エフェクタの切り替えがフットスイッチを押して隣のパッチに移動するだけなので、2度押しで2つ向こうのパッチに切り替えるなどの操作が必要になることがある。まぁ、単に2回スイッチを踏むだけなので、操作自体にストレスは感じない。ただ、2度押しの切り替えでは、若干、音切れぽくなるようだ。ただし気になるレベルではない。

実際にライブで聞いてくれたギターフリークの友人も、「今までで一番いい音が出ていた、とにかくで音がクリアーで、弾いているタッチが全てわかった」とのこと。ホールのPAエンジニアの方にもとても好評であった。嬉しいことだが、それでは今までクソ重いエフェクタを担いでスタジオやらライブやらに行っていた自分の立場は。(TдT)
ということで、11/22のライブは、メンバー一人欠けではありましたが、ボーカルのエフェクタも好評で、気持よく演奏できたし、聴いて頂いた方々にも満足して頂けたのではないかと思っている。

余談。
今回は、ギターのシステムが最小システム(ギターからのシールドをエフェクタにつなぎ、エフェクタの出力をそのままPAに送る)ので、よもやトラブルは起こらないと思っていた。
だがしかし、それは起こった。しかもとても不思議な状態で。

ギターの出音が、何もしていないのに(本当に何もしていない、エフェクタに触れてもいない状態)、ふっ、と音が消えた。あれ?と思いつつ、ホールのスタッフの人と共に、接続をあれこれ確かめたが、復活せず。…と思ったら、ふっ、と音が復活した、どこにも触っていないのに、だ。ぶつっ、という感じではなく、本当に「ふっ」と音が消え、また復活した。
これはどういうことだろう。
で、ちょうどそのタイミングで撮影された写真を観ると、ギターの手前に不思議な光が(画像参考、右下)。この光、反射とかそういう感じでもない。なんだろう?((((;゚Д゚))))
psy02.jpg
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/16(金) 16:07:50 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/28(月) 09:30:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。